CSRCSRの取り組み

基本的な考え方

レンブラントグループでは、企業理念のひとつ「会社は公の器である」「会社は心を磨く場である」という考えに則り、実現できる社会貢献に一貫して取り組んでおります。会社は、お客さまや会社に関わる様々な人々や地域があってはじめて存在できるものであり、その会社がまた社会の一部分を担っていると考えており、会社と共に地域社会をはじめ人々の生活に貢献する責任があると私たちは考えます。

会社は社会から従業員という「人財」を預かり、不動産や設備、原材料といった「資源」を預かり、またそれらを取得するための「財産」を預かっています。私たちは、お預かりしたものを大切に育て、成長させ、さらに価値あるものにして社会にお返しすることにより社会貢献を果たし、よりよい明日を築いていくことを使命として事業活動を行ってまいります。