PHILOSOPHY企業理念

CORPRATE VISION

会社は公の器である
会社は心を磨く場である

会社は公の器である

会社は誰かのものではなく、公のものであると私たちは考えます。
会社は、お客さまや会社に関わる様々な人々や地域があってはじめて存在できるものであり、その会社がまた社会の一部分を担っていると考えるとき、会社は公のものであるといえます。

公のものである会社は、社会から様々なものを託されています。
会社は社会から従業員という「人財」を預かり、不動産や設備、原材料といった「資源」を預かり、またそれらを取得するための「財産」を預かっています。
会社は、これらのお預かりしたもののための器であると私たちは考えます。

私たちは、お預かりしたものを大切に育て、成長させ、さらに価値あるものにして社会にお返しすることにより社会貢献を果たし、よりよい明日を築いていくことを使命として事業活動を行ってまいります。

会社は心を磨く場である

社会から託された「人財」は、会社と共に地域社会をはじめ人々の生活に貢献する責任があると私たちは考えます。そのために、私たちは心を磨くとともに自己研鑚に励み、成長に努めてまいります。

社会においても会社においても最も重要な要素は人です。
よりよい明日を築くこと、社会に必要とされる価値を創造し提供することを信条として事業活動を営むとき、私たち一人ひとりには、何ができるかを自ら考え、努力し、知恵を出すことが求められます。そのために私たちは、本気で本音で本腰で取り組める環境を整備し、仲間を支えあいます。

私たちは仕事を通じて、一人ひとりが心を磨き、切磋し、琢磨することにより、社会貢献を果たす「人財」を育てることのできる会社でありたいと考えています。